ともちんブログ

大阪府在住のアラフォー主婦・さゆ吉と申します。1歳の息子ともちんと猫(時々、旦那)の日常四コマをはてなブログで不定期更新中。

【妊娠中、妻に言ってはいけないセリフ】私、これで激怒しました

こんばんは!さゆ吉です。

今日はともちん妊娠中、主人と大げんかしたお話です。

 

【妊娠中、妻に言ってはいけないセリフ】私、これで激怒しました


つわり四コマ

 

妊娠中はデリケート。うかつな事を言ってはいけない


つわりで瀕死状態の時、一番心配してほしい旦那にまさかこんなセリフを言われるとは思ってもみなかったので
 
は?????
 
ってなりました。いやいや、ゴハンの心配する前に一言あるやろ。ここは「大丈夫?」とか「大事な身体なんやからそのまま寝てて」とか言わへん?普段の私なら「もー、少しは心配しいや!」と冗談まじりに返すのですが、この時だけは泣きながら激怒してしまったのです。
 
私の心配よりゴハンが大事!?キャットフードでも食べてれば!?
 
仮にも、これからお母さんになろうとしてる人間がこのような暴言を吐いてしまっていいのでしょうか?かわいそうに、この時の旦那は捨てられた子犬のように震えていました。

ここで弁解させて欲しいのですが、普段の私は絶対こんな事言いません。さゆ吉さんめっちゃこわいやん…(震)って思わないでくださいね。マタニティブルーっていうのかな?妊婦はとにかくデリケートで情緒不安定になりやすいのです。

なんで私は、こんな思いやりのない人と結婚してしまったんやろう。私はメシ炊き係ちゃうねん。妊娠してからずっと気持ち悪いし、頭はガンガンするし毎日辛い。もうイヤだ!!!!!
 
ずっとこんなネガティブな事ばかり考えながら過ごしていました。たぶん旦那もこの時「なんで僕はこんなこわい人と結婚してしまったんだろう…」と思っていたに違いありません。
 

スポンサーリンク

 

安定期に入り、少し気持ちが落ち着きました


安定期に入り、あんなにしんどかった身体もウソのように楽になりました。私は「あの時、何であんなに激怒してしまったんだろう」と我にかえりました。主人にしてみれば、仕事で疲れて帰ってきたところにいつも用意されてるハズのゴハンがない。もちろん、嫁のつわりの辛さなどわかるはずもないので、悪気なくこんなセリフを言ってしまったんでしょう。
 

つわりで苦しんでる妊婦さんと旦那さんへ


もし旦那さんに「僕のゴハンは?」と言われたら

「つわりキツくてゴハンの用意無理やわ。ごめんやけど、コンビニで何か買って食べて」
 
と言いましょう。ムカつく気持ちをおさえて。彼らは、決して悪気があるわけではないのです。
 
旦那さんへ。
つわりで苦しんでる妻(妊婦)に向かって

「僕のゴハンは?」「またゴロゴロしてる」「お腹出てきたな〜おすもうさんみたい!(笑)」
「ち○び、チョコパイみたいな色やな」

どうか、これらのセリフを言わないであげてください。そして、理不尽な理由でキレられたり八つ当たりされる事もあるでしょう。その時は…頑張って耐えてください。

■最後に、旦那へ■
あの時はヒドイ事言ってごめんね。
これからも、ともちんとしょうくん(猫)と一緒に楽しくやっていきましょう!

余談ですが、私の場合、つわり時期に朝起きてすぐに全粒粉ビスケットを一枚食べる事でつわりが軽減されました。ほんの気休めかもしれませんが^^;良かったら試してみてくださいな。