読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともちんブログ

大阪府在住のアラフォー主婦・さゆ吉と申します。1歳の息子ともちんと猫(時々、旦那)の日常四コマをはてなブログで不定期更新中。

【37歳不妊治療】子供が欲しい!夫婦で話し合いをしました

スポンサーリンク

こんにちは!さゆ吉と申します。
たくさんある不妊治療記事の中で、このページを見て下さってありがとうございます。

このページを見ているということは「赤ちゃんが欲しい!でも、なかなかできなくて…」と現在不妊で悩んでおられる方、または「不妊治療、挑戦してみたいけど実際にどんな治療をするんだろう?」といった、それぞれ悩みや疑問を持ってたどり着いた方がほとんどだと思います。

この記事は、筆者が37歳の時に挑戦した不妊治療の体験談を書いたものです。この記事を読んだからといって赤ちゃんが授かるというわけではないけれど、今現在、不妊治療がうまくいかなくて辛い想いをしている方や、これから挑戦してみたいと思ってる方へ向けて、少しでも参考になったり励みになればと思います。

 

【37歳不妊治療】子供が欲しい!夫婦で話し合いをしました

f:id:tomo_king:20170417131714p:plain
当時は「結婚したら絶対に赤ちゃんが欲しい!」とは思ってませんでした

目次

「不妊治療」とは


健康な男女が妊娠を希望し、正常な性生活を営みながら2〜3年たっても妊娠しない不妊状態を治療することをいいます。

一般的な治療の流れとしては、以下の3パターンになります。

1.タイミング法
排卵日を予測して、性行為をして妊娠率を上げる方法。基礎体温計をつけて目安にする。費用は数千円

2.人工授精
男性側に不妊の原因があった場合に有効。精液を採取し、専用のチューブを使って子宮に注入する方法。費用は1回につき1.5〜3万円

3.体外受精(顕微授精)
人工授精でも妊娠できなかった場合や、高齢などで妊娠する確率が低い夫婦に有効。女性から卵子を、男性から精子を取り出し、体外で専用の培養液で受精させます。受精卵を子宮に戻し、着床したら妊娠成立。最も妊娠する確率の高い方法ですが、保険がきかないので費用が高額。採取できた卵子の数、受精卵の保存期間などで費用が変動しますが30〜100万円(ちなみに私達夫婦は60〜70万円程かかりました)

■体外受精と顕微授精のちがい■
卵子と精子を体外で専用の培養液で受精させる時、培養士が間に入るかどうかのちがいになります。体外授精は自然のままに、顕微授精は培養士が間に入って強制的に受精させます。受精の成功率を上げたい方や、卵子が少ししか取れなかった方は顕微授精の方をおすすめしますが、培養士が間に入る分値段も上がります(+10万くらい)ただ、自然にできた受精卵の方が生命力が強い(着床しやすい)という説もあるので、どちらにするかは医師と相談して決めた方がいいかと思います。

 

不妊治療四コマ

夫婦で話し合いをしました


結婚前、私はそんなに子供が好きではなくどちらかというと苦手な方でした。主人に「実は男性不妊やねん」と言われた時、「まぁいいか」と思いながらも少なからずショックを受けた事を覚えています。今思えば、心のどこかで「一度でいいから子供を産んでみたかった」という想いがあったのかもしれません。

結婚して半年が経ち、私たち夫婦は子供が居なくてもそれなりに楽しくやっていました。たまに義母から「もし孫ができたら…」みたいなプレッシャーをかけられたりもしましたが、私は気にしませんでした。

そんな私でしたが、子供が欲しいと思ったキッカケは、当時可愛がっていた愛猫の死。しょうくんの妹分で、私にとってはとても思い入れのある猫で、子供のように可愛がっていました。軽いペットロスにかかり、数ヶ月は毎日泣いて暮らしていました。さみしくてさみしくて…いつしか「子供がいたらもう少しマシだったのかな」なんて思うように。そんな時、不妊治療のことを知ったのです。

 

いざ、不妊治療専門病院へ


不妊に悩んでる方、まずはここが最初の難関だと思います。特に男性側は抵抗があるかもしれませんが、逆に私は「夫婦揃って治療に来てて、優しい旦那さんだな」と思います。大丈夫、男性の方だっていますよ!それに、案外男性側が不妊原因を持っていた…なんて事もめずらしくないので、最初にちゃんと検査してもらった方がいいです。可愛い赤ちゃんを授かる為の治療ですもの、恥ずかしいなんて言ってられないですよね^^

私が行った不妊治療専門病院は、男性医師が二人と数人の看護師さんがいた小さな病院でしたが、いつ行っても患者さんがたくさんいました。院内はオルゴール調の優しい曲が流れていて、とても落ち着ける環境の雰囲気の良い病院です。意外だったのは、若い人が多かったという事。てっきり私みたいに高齢の女性が多いと思ってたんですが、皆さん若くても不妊で悩んでる方はたくさんいらっしゃるようです。

私たちの場合、主人の男性不妊が最初からわかっていたので2の人工授精を試してみることをすすめられました。「赤ちゃんはできたら欲しいね。ダメだった場合は夫婦二人の生活を楽しんでいこう」というスタンスだったので、この時は体外受精までは考えていませんでした。「体外受精は費用が高額だし、失敗した時の精神的負担が大きすぎる。人工授精を6回してダメだったら、あきらめよう」最初はそう話し合っていたのです。


不妊治療は長期戦になることも。体外受精まで行うとなると、お金もかかるし特に女性側の身体的・精神的に負担がかかるので、パートナーの支え(協力)が必要不可欠です。最初に夫婦で話し合いをして、今後の予定をしっかり立てておく事をおすすめします。

不妊治療を経験した筆者からのアドバイス


「まだ若いし、そんなに焦らなくても大丈夫だろう」「高齢でも妊娠してる人たくさんいるし、不妊治療なんてしなくても私は大丈夫だろう」とのん気に構えてる方へ。

若ければ若い程、妊娠する確率が高いのは事実ですが、それは一般的な健康な女性の場合です。もし、自分が妊娠しにくい体質だったらどうしますか?病院で不妊検査をする事によって、早期発見できる事もあるでしょう。

また、高齢で妊娠してる人なんて一部の芸能人やたまたま運の良かった人の事例で、一般的にはやはり35歳以上からは妊娠しにくい人が大半だと思っておいた方が良いでしょう。

かくいう私ものん気に構えていた一人で、「子供が欲しい」と思うようになってから不妊病院まで行くのに、結構時間がかかってしまいました。今思えば、あの時すぐに不妊病院に行けば良かったと思っています。

不妊治療を始めるなら少しでも早い方がいいよ!迷ってるなら、勇気を出して一度病院に行ってみよう

■今現在、治療中でなかなか赤ちゃんができない方へ■

辛いですね。こんなに頑張ってるのに、なんで?って思っちゃいますよね。私も何度も何度も期待しては流れて、その度にイライラして落ち込んで…を繰り返してきたので、気持ちが痛い程わかります。

そんな時は、治療のことを少しの間忘れて肩の力を抜いてみませんか?そんなにイライラしていては、赤ちゃんもやってきてくれないのではないでしょうか。時には休息も必要ですよ、たまには旦那さんと仲良く外食やデートなどしてみてはいかがでしょうか^^

スポンサーリンク

 

不妊治療に関する疑問あれこれ


■仕事は辞めた方がいいの?■

あくまで私個人の意見ですが、物凄く忙しい職場でストレスだらけの職場以外であれば続けた方がいいと思います。「体外受精をした後は、お姫様みたいに安静な生活をした方が妊娠しやすい」という噂がありますが、私は普通に働いていつもと変わらない生活をしていたのに、妊娠できました。

仕事を続けた方がいい理由は、不妊治療が長引くと軽い鬱になってくるんですよね。家にいると、どうしても不妊治療の事ばかり考えてしまう。お金もかかるし、ストレスが半端ないです。ストレスは不妊治療の最大の敵ですものね。

幸いにも私は、当時働いていた職場の上司や同僚が本当にいい人達で、本当の事を話して不妊治療専門病院に通うことに協力してもらいました。もちろん、できる限り迷惑をかけないよう忙しくない日に早退させてもらったり、土曜日もやってる不妊治療専門病院を選んで、なるべく土曜日に通うように配慮はしましたが…。

仕事をしながら不妊治療をすることで、気晴らしにもなるしお金も入ってくる。これでストレス軽減できていたと思っています。

■不妊治療って、保険はきかないの?■

残念ですが、保険はきかないです。ただ、体外受精(顕微授精)は高度不妊治療といって、膨大な治療費がかかりますが特定不妊治療助成金制度がつかえます。治療費が何割か返ってくるありがたい制度ですが、住んでる所や治療を始めた年齢、その他、色々条件によって返ってくる金額が違ってきます。詳しくは病院や自分の住んでる市のホームページで調べてみましょう。

高額な医療費、少しでも取り返そう!

 
■鍼治療って不妊治療に効果あるの?■

医学的根拠はないそうですが、私は鍼治療をした周期に妊娠しました。鍼治療をすると身体が温まって体調が良くなり、気分もずいぶん良くなります。不妊治療中はどうしてもストレスを感じてしまいがちですが、鍼治療をする事によってリラックス効果が得られるので結果的にそれも良かったのではないかと思います。もし、鍼治療を試そうと思ってるなら不妊治療専門の鍼灸院を探した方がいいですね。

ちなみに、私が通っていた鍼灸院です。自宅から遠かったんですが、クチコミが良かったので週1~2回通っていました。鍼治療を考えてる方で、お近くの方は一度相談に行ってみてはいかがでしょうか?また、大阪住まいでなくても不妊の原因と鍼治療の効果など詳しく書かれているので、一度読んでみてはいかがでしょうか。とても勉強になりますよ。

www.karada-kaiteki.net

あとは、妊活に必須な葉酸をしっかりとろう!筆者は治療中、葉酸サプリを飲んでいたよ

実は記事にするかどうか悩みました


ともちんは不妊治療で授かった赤ちゃんです。実はこのことを記事にするかどうか、ブログを始めた時からずっと悩んでいました。長くなりそうだし、私自身、治療中は辛い思いをたくさんしてきたので暗い記事になってしまうのではないか。でも、自分が治療してた時には実際に不妊治療をしてた方の体験談ってとても参考になったし励まされたので、私の体験談が少しでも誰かの役に立てればいいなと思い、記事にする事にしました。

少し長くなりそうなので、通常のゆるい記事の合間合間にゆっくり書いていきますね。次は、私たち夫婦が実際に行った治療のことを詳しく書いていきます。