イラスト・広告マンガ制作承ります

クリップスタジオ自動彩色機能のやり方(コツ)を画像つきでわかりやすく説明するよ!

こんにちは!イラストレーターのさゆ吉です。

2018年11月末にクリップスタジオがVer.1.8.4にアップデートされましたね。

色々な新機能が追加されましたが、個人的に気になった「自動彩色機能」を試してみて面白かったので記事にしてみました

「自動彩色機能、気になってるけどやり方がいまいちわからない」

「試してみたけど、なんか変になる」

といった方の参考になれば幸いです!

さゆ吉

自動彩色機能を使ってみたい人は、事前にクリップスタジオのアップデートをすませておいて下さいね!
ちなみに、iPad版は近いうちに対応するみたい!今回はPC版クリップスタジオで試してみたよ♪

ともちん

参考 クリップスタジオVer.1.8.4についてセルシス公式サイト

そもそも、自分がどのバージョンを使ってるかわからないという方は、クリップスタジオを起動して「ヘルプ」→「バージョン情報」で確認する事ができるよ!(下記画像参照)

バージョン確認の仕方

※以下、クリップスタジオを「クリスタ」と省略させて頂きます

クリップスタジオ自動彩色機能のやり方(コツ)を画像つきでわかりやすく説明するよ!

クリスタ自動彩色機能とは

線画さえ用意すれば、クリックひとつでAIが色を自動に塗ってくれるというすごい機能。

クリスタVer.1.8.4から搭載された新機能で

  • 全自動彩色
  • ヒント画像を使って彩色
  • より高度な設定を使用

の3パターンの方法があります。

全自動彩色は不自然感がありますが、加工によってはそれなりに綺麗な仕上がりになるので個人的には「ヒント画像を使って彩色」をおすすめします
全自動彩色を使った絵
クリップスタジオ自動彩色機能

なんか今いち、しっくりきません

ヒント画像を使って彩色+加工した絵

クリップスタジオ自動彩色機能

少し加工したイラストの方が、見栄えが良いですよね。

ですので、ここからは「ヒント画像を使って彩色」のやり方手順を説明していきます

 

「ヒント画像を使って彩色」のやり方手順

手順1

クリップスタジオ自動彩色機能
①主線の下に新規レイヤーを作り、適当に色を置く

手順2

クリップスタジオ自動彩色機能
②主線レイヤーにマーク(灯台みたいなやつ。画像参照)をつけ、色を置いたレイヤーを選択する

手順3

クリップスタジオ自動彩色機能
③「編集」→「自動彩色(先行プレビュー)」→「ヒント画像を使って彩色」を選択

ヒント画像を使って彩色した絵

クリップスタジオ自動彩色機能

自動彩色したイラストよりかはマシですが、まだしっくりこないので色々加工してみました。

色々な加工法がありますが、以下私が行った手順です。参考までに。

手順1,2

クリップスタジオ自動彩色機能
①彩色したレイヤーを複製→「乗算(20%)」にする
②主線レイヤーを上に移動

手順3

クリップスタジオ自動彩色機能
③主線レイヤーの下に新規レイヤーを作り、紫の下地を作る

手順4

クリップスタジオ自動彩色機能
④③で作ったレイヤー(紫の下地)を選び→「ソフトライト(50%)」に調整する

手順5

クリップスタジオ自動彩色機能
⑤主線を青にする

手順6

クリップスタジオ自動彩色機能
⑥主線の下に新規レイヤーを作り、白目を塗る

完成!
クリップスタジオ自動彩色機能

さゆ吉

③の下地を作るのは「隙間無く囲って塗るツール」を使うととても便利!時短になるので、持ってない人はぜひダウンロードしてみてくださいね
⑤の「主線を青にする」は、以下の方法で簡単にできるよ!覚えておくと便利♪

ともちん

主線を好きな色に変える手順
線画を好きな色に変える
①主線レイヤーを選択し、窓の部分をCTRLキーを押しながらクリック

線画が選択されました

線画を好きな色に変える

②線画が選択されるので、新規レイヤーを作成して任意(ここでは青を選んでいます)の色で塗りつぶし

クリスタ自動彩色機能はラクガキにはいいかも

ここまで記事を書いておいてなんなんですが、やはり私は手塗りの方が味が合って好きですね~。

自分で色塗った方が愛着わくし、何より色塗りは楽しい!!!

さゆ吉

自動彩色機能は便利だと思うけど、ラクガキに使う程度かな・・・そもそも、私の絵柄に合ってない気がする(苦笑)
自動彩色機能もっと進化して、何年後かにはイラストレーターは必要とされない時代がくるかもしれないでしゅね

ともちん

さゆ吉

ひっ!!!(震)そんな事にならないよう、もっともっとイラストを描いてレベルを上げるぞ!

こちらの記事もおすすめです
イラストが上手くなりたい!講座・お役立ち系の記事をまとめました