イラスト・広告マンガ制作承ります

実家が汚くて帰りたくない!独身の頃は母と喧嘩ばかりしてました

私の母は昔から物が捨てられない人で、掃除も下手です。

家が汚いという理由で、実家に住んでた頃はよく母と喧嘩ばかりしていました。

母は大雑把な性格で、楽だからとゴミ箱を買わずにゴミをそのまま直接ゴミ袋に捨てるような人です。たくさんあるのに安いからといって、服や食べ物を考えなしにどんどん買うので家はいつもゴチャゴチャしています。

「少しは掃除したら」と言うのですが、母は人の意見をきかない人で「ここはおかんの家や!文句があるならアンタが出ていき!!」と言い返されいつも喧嘩になっていました。

ある程度 年齢を重ねた頑固な母には何を言っても無駄だ…と悟り、喧嘩するのに疲れた私はいつしか文句を言うのをやめてしまいました

実家が汚くて帰りたくない!独身の頃は母と喧嘩ばかりしてました

実家が汚くて恥ずかしい

冒頭でも書きましたが私の母は昔から掃除が下手で、実家に帰るといつも物が散乱しています。

ずっと共働きで忙しかったので、掃除をするヒマがなかったのでしょう。でも、今は昼間ほとんど家にいるのに、テレビばかり見て掃除しないのです。

私が使っていた部屋は物置になっています。

私自身も掃除は苦手ですが、コンロが埃と油でガビガビになる事なんてないし、トイレ掃除を年単位でしないなんて事は流石にありません。

子供の頃はわかりませんでしたが、大きくなって友達の家に遊びに行ったり義実家にお伺いするようになって

さゆ吉

私の家って、もしかしてめちゃくちゃ汚いんじゃ…

と、恥ずかしく思うようになりました。

滅多に友達を家に呼ばなかった私ですが、流石に結婚を決めた時は主人とご両親に家に挨拶に来てもらわなければいけませんよね。

その時は必死で掃除したものの、それでもまたすぐに汚くなってしまいました

実家が汚くて帰りたくない

とにかく物が散乱してるので、好奇心旺盛なともちんと実家に帰ると大変です。

化粧品のビンをその辺に置きっぱなし、調味料も食卓の上に出しっぱなしにしてるので、ともちんの格好の餌食となって危なくていつもヒヤヒヤしてます

見た事がないオモチャがたくさんあって面白いでしゅ

ともちん

さゆ吉

危ないので、唯一キレイな父の部屋でいつも過ごしてます…

実家に住んでた時はいつも喧嘩していました

私が掃除しても、いつもすぐ汚くなるのでイライラしていました。

特に、ゴミをゴミ袋に直に捨てているのが耐えられなくて、ある日蓋つきのゴミ箱を買ってプレゼントしたんですが「余計なことをするな」と言い返される始末。

「そんなに家が嫌なら出ていけ」と言われ、当時派遣で働いていた私は「確かにその通りだ。生活費は払ってるけど、ここはお父さんとお母さんの家だしな…」と何も言えなくなりました

さゆ吉

いい歳をした娘が結婚もしないで派遣、実家住まいだったので当時はすごく肩身の狭い思いをしていました

頑固な親には何を言っても無駄だと悟った

「この人(母)には何を言っても無駄だ」と割り切る事によって、イライラも少しはマシになりました。

「何とか母の掃除嫌いを克服させなければ」という想いで昔は頑張ってましたが、注意しても喧嘩になりイライラするだけです。

そもそも、ある程度 年齢を重ねて生きてきた人間の性格を変えようとする事自体がものすごく難しい事なのです

さゆ吉

自分の考え方を変える方が幸せなのかも…

今後、親とのつき合い方

実家は相変わらず汚くて帰りたくないけど、子供を見てもらえるのは助かるし気分転換になるので、定期的に帰っています。

父の部屋だけは綺麗なので今後もそこで過ごしたり、掃除できる所は掃除したり…とにかく、母に掃除を強要するのは程々にする事にしました

さゆ吉

注意しても「うるさい!文句あるなら帰ってくるな!」と言われるだけだからね
親子といえど、適度な距離感って大切でしゅよ

ともちん

要点まとめ
・頑固な親には何を言っても無駄
・実家に帰ったらコッソリ掃除する
・不要な物を少しずつ片付けていく