イラスト・広告マンガ制作承ります

ママカーストなんてくだらない!そうは言っても、きらきらママが眩しい私です

こんばんは!さゆ吉です。

前回の夜泣き記事では、たくさんの暖かいコメントをありがとうございました。同じように夜泣きで辛い思いをした事がある方や、我が子に辛くあたってしまった経験があるというような意見を読んで「私だけじゃないんだ」と少し心が軽くなりました。

フォトアルバムの効果は抜群で、最近は感情のコントロールが上手くできてるような気がします。すぐにイライラしてしまう短気な自分、優しいお母さんに成長できるよう、ともちんに試されてるのかもしれませんね。どっちが育てられてるのかわからない(笑)

さて、今日は通常のゆるい記事に戻ります!なかなかくだらない内容なので暇な時にでもお読みください

ママカーストなんてくだらない!そうは言っても、きらきらママが眩しい私です

ドラマなどでよく「ママカースト」という言葉を耳にします。

f:id:tomo_king:20170321222641j:plain

ママカースト
とは
現代の日本において母親であることを共通とした友達付き合い(
ママ友)において見られる序列のことを身分制度になぞらえて呼んだ表現。
(Wikipediaより引用)

旦那さんの職業、年収、住んでる所、子供の容姿・学力、ママの外見(持ち物)などによって判断されるそうです。私、最近までそんな恐ろしい言葉があるなんて知りませんでした。

正直、そんなので人を判断するなんてくだらないと思うし、そんなママ友ならいらない…とは思うんですが、最近の私、あまりに身なりに気を使ってなさすぎなので気になってきました。

f:id:tomo_king:20170321222704j:plain

そういえば私、出産してから一度も服を買っていません(汗)

出産後、オシャレをする余裕がなくなった

行く所といえば公園と支援センターくらい。

髪はいつもまとめ髪(おろしてると、ともちんにひっぱられるので)、服は動きやすく汚れてもいい服装、加えてすっぴんでいつも外出しています

さゆ吉

子育てで忙しいし、もうおばちゃんだからおしゃれしなくていいや

と開き直ってたんですが、同じくらいの年代のママでも、ちゃんとおしゃれしてたり綺麗な人を見ては、うらやましい気持ちはありました。忙しい中でも、皆、ちゃんと頑張っててえらいな~と本気で思います。

結婚する前・新婚当初は身だしなみにも気をつけていましたし、美容院にも定期的に行って、ウインドウショッピングも大好きでした。いつからこの気持ちを忘れてしまったんだろう…。

ともちんが小さいうちはまだまだオシャレするのは無理そうですが、せめて気持ちだけでも若くいたいものですね。じゃないと、どんどん老け込んでいきそう(ゾッ)

ともちんが幼稚園に入った時。自分は良くても、ともちんが友達に

「ともちんくんのママ、ぶさいくやな~(笑)」

とバカにされたらかわいそうですよね。ただでさえ高齢ママなのに、身なりにも気を使わないママなんて…と少し反省しました

さゆ吉

さゆ吉

せめて、化粧だけはちゃんとしよう(涙)

ともちん

子供は外見で判断する残酷な生き物でちゅからね~。ママちん頑張れ!